毒草一覧次の花
ラナンキュラス



切花・鉢植えと広く親しまれている春咲きの園芸種で、切断分球(6月に掘上げ乾燥、秋に植え付け)で増やします。ラナンキュラスとはラテン語の「カエル」から由来するもので、カエルの生息するような湿地に多く自生することから呼ばれるようになりました。葉も花もアネモネによくに似ているので間違えてしまいますね。


毒草名  ラナンキュラス(Ranunculus)、ハナキンポウゲ(花金鳳花)、ターバン、クロウフット
学 名  Ranunculus asiaticus L.
特 性  キンポウゲ科 ラナンキュラス属、秋植えの半耐寒性球根植物
花 期  4〜6月
毒部位  全草、乳汁
成 分  プロトアネモニン(Protoanemonin)、ラヌンクリン(Ranunculin)
症 状   かぶれ、皮膚炎、水泡、笑い死に




美しい八重の花びらですが、原種は一重の5弁花で改良ブームの中で八重が主流になっていったそうです。

 

 

≪MEMO≫
・ペルシャ系:中輪で花色が豊富。
・トルコ系:早咲きで八重の花が多い。
・フレンチ系:茎が長く中輪で半八重が多い。
・ピオニー系:大輪。
・ビクトリアストレイン系:多数の花弁を持つ大輪の八重咲きタイプ。流通の多い種。
・ドリーマー系:超巨大輪。
・ドワーフ系:矮性種。
・原種は一重咲ききの五弁の花。
・アブラムシの大好物


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS